« 2006年10月 | トップページ

2006年11月 1日 (水)

海を越えた紅葉。THEGRUDGE2

06_4

 

 八千代の珠にと賜わりし人のてしおの

 もみじ愛で

・・・

・・・

いろいろな人の

ほっこりな心根が

ひょっこり顔を出してくださり

温もり染み入る季節。

若さは自然からの贈り物、歳を重ねるのは芸術作品 、という友のくれた言葉を思い出し

新たに心の花明かりを灯らせる、誕生月です。

そして、今年の出会いの一つが

海の向こうで紅葉のようです。

ほんの僅か出演させていただいた映画

公開。

溝口監督黒澤監督小林監督作品など

日本情緒の美しさを大切に思うゆえ、

″日本人監督・スタッフ、

 日本人の生理・五感で創った作品で

 ハリウッドに挑む”

という監督の船出の場に参加させていただけることは光栄でした。

あとに続く方々の為のパイオニア的お仕事に

心打たれます。

・・・

現場スタッフさま達がとてもステキでした。

私よりお若い方々?ばかりで爽やか!そして、

違う国の人どうしがひとつのものに向かうため

対等に敬い居る雰囲気。

そんな皆さんのクリエイティブな清清しさが

プロフェッショナルな平等さ真摯さを生み出していて、

神聖な空気流れる場所だったように覚えています。

心あらわれるこの感覚は印象深く残っており、

それぞれの国の文化や芸術、仕事場・仕事びとを敬う気持ちは、

崇高な合理性なのだと感じました。

・・・

・・・

                                                     

                    

     

                                                    

                                 

        

寒くなりましたが

今年の冬も雪積もるでしょうか。。。

東京で少し積もると 愚かと知りつつ異様にはしゃいでしまいます。

昨年は、お約束で


イナバウアー

・・・と、嬉々してましたが

いい歳だし面白いの自分だけだし・・・恥ずかしい1年前でございます・・。

雪が降ると必ず思い出すこと。

昔、大雪が降った後

友達と通りを歩きながら若気の至りで喧嘩になりました。

友達がガーーーとすさまじくキレて

「ふざけんな!!」と思いきり電柱を蹴った

・・・その迫力に一瞬シーン。。。

と、直後

電柱に積もってた雪が本人にドサッ。

雪だるまになってきょとんとする友達。。。

蹴った→落ちた、の絶妙なテンポ。

ドリフか!と、

喧嘩を忘れて大爆笑。

いつも絶妙なタイミングで笑いの神を降ろす、

偉大な愛すべき友に、

雪の街を歩くといつも思い出して一人で笑っちゃうんだよね〜と久々に言うと、

実は自分も同じだ、と言ってくれました。

ちきしょ〜ニクイじゃないか(涙)。

|

« 2006年10月 | トップページ