« PapaCapsule | トップページ

2006年11月 1日 (水)

海を越えた紅葉。THEGRUDGE2

06_4

 

 八千代の珠にと賜わりし人のてしおの

 もみじ愛で

感謝。

・・・

・・・

誕生月。

いろいろな人の

ほっこりな心根が

ひょっこり顔を出してくださり

温もり深く染み入る

嬉しありがたし頃。

若さは自然からの贈り物歳を重ねるのは芸術作品 という、友のくれた言葉を思い出し

新たに心の花明かりを色づかせる頃。

そして、今年の出会いの一つが

海の向こうで紅葉な頃。

ほんの僅か出演させていただいた映画

公開。

溝口黒澤小林作品など

日本情緒の美しさを誇りに思うゆえ、

″日本人監督・スタッフ、

 日本人の生理・五感で創った作品で

 ハリウッドに挑む”

との監督の「熱意」を嬉しく思う。

映画の興行収入判断は好きじゃないけど、

結果を形で出されたことで跡に続く方に広い可能性の窓口を作ったパイオニア的仕事は

すごいことだなあと思う。

・・・

現場スタッフさま方がとてもステキだった。

みんな、フレッシュ!!

もしかして私より若い??

死語だけどギクッ!

違う国の人どうしがひとつのものに向かうため

対等に敬い居る雰囲気。。。

その皆さんの心がけが、

プロフェッショナルな意味の平等さ誠実さを生み出し

参加する者として

清らに身が引き締まり、

もの創りへの真摯な意識を高める、

神聖な空気流れる場所だったように思う。

心あらわれるこの感覚は印象深く残っている。

世界の、それぞれの国の文化や芸術を尊敬しあう

人々の気持ちがもっともっと力を持つことで

穏やかになれる世界だったらどんなに素敵だろう。。。

なんて、政治的にとてもおめでたい考えを、

素晴らしい舞台なんかを観ると真剣にしちゃったりなんかしちゃうけれども、

遠からずも何かの入り口となれればいいな。

・・・

・・・

                                                     

                    

     

                                                    

                                 

        

寒さぶるぶるですが

今年雪積もるでしょうか。。。

東京で少し積もると 愚かと知りつついようにテンション上がりはしゃいでしまいます。

昨年は

イナバウアー

・・・と、

お約束で嬉々してましたが

今年はもうやめねばなりません。いい歳だし古いし面白がってるの自分だけの虚しさ痛さ・・・ボソボソブツブツ・・

雪が降ると必ず思い出すこと。

昔、大雪が降った次の日

友達と通りを歩きながら喧嘩になった。

友達がガーーーとすさまじくキレて

「ふざけんな!!」って思いきり電柱を蹴った

・・・その迫力に一瞬シーン。。。

と、直後

電柱に積もってた雪が本人にドサッ。

雪だるまになってボーゼンとする友達。。。

蹴った→落ちた、の絶妙なテンポ。

ドリフか!と、

喧嘩を忘れて大爆笑。

いつも絶妙なタイミングで笑いの神を降ろす

ある意味偉大な愛すべき友に、

雪の街を歩くといつも思い出して一人で笑っちゃうんだよね〜と

久々に言ったら実は自分も同じだと言ってくれた。

ちきしょ〜ニクイじゃないか(涙)。

この友達とは掴み合いの喧嘩もしたけど、

身長差20cm・・・私の体は宙を浮き、

上半身ビーバップなみにキメたつもりの足元は地面を泳ぐヒヨコのおもちゃでした。

|

« PapaCapsule | トップページ