2006年11月 1日 (水)

海を越えた紅葉。THEGRUDGE2

06_4

 

 八千代の珠にと賜わりし人のてしおの

 もみじ愛で

感謝。

・・・

・・・

誕生月。

いろいろな人の

ほっこりな心根が

ひょっこり顔を出してくださり

温もり染み入る頃。

若さは自然からの贈り物、歳を重ねるのは芸術作品 、という友のくれた言葉を思い出し

新たに心の花明かりを灯らせる頃。

そして、今年の出会いの一つが

海の向こうで紅葉な頃。

ほんの僅か出演させていただいた映画

公開。

溝口監督黒澤監督小林監督作品など

日本情緒の美しさを大切に思うゆえ、

″日本人監督・スタッフ、

 日本人の生理・五感で創った作品で

 ハリウッドに挑む”

という監督の作品に参加させていただけることをとても嬉しく感じました。

映画の興行収入判断は好きではないけれど、

伴って結果も出されたことで跡に続く方々に広い可能性の窓口を作ったパイオニア的仕事を

尊敬します。

・・・

現場スタッフさま達がとてもステキでした。

みんな、フレッシュ!!

もしかして私より若い??

違う国の人どうしがひとつのものに向かうため

対等に敬い居る雰囲気。

そんな皆さんのクリエイティブな清清しさが

プロフェッショナルな平等さ誠実さを生み出していて、

もの創りへの真摯な意識を高める、

神聖な空気流れる場所だったように思う。

心あらわれるこの感覚は印象深く残っている。

世界の、それぞれの国の文化や芸術を尊敬しあう

人々の気持ちがもっともっと力を持つことで

穏やかになれる世界だったらどんなに素敵だろう。。。

と、政治的にとてもおめでたい非現実的な考えをしちゃったりしますが、

夢のまた夢。。

・・・

・・・

                                                     

                    

     

                                                    

                                 

        

寒さぶるぶるですが

雪積もるでしょうか。。。

東京で少し積もると 愚かと知りつつ異様にはしゃいでしまいます。

昨年は、お約束で


イナバウアー

・・・と、嬉々してましたが

いい歳だし面白いの自分だけだし恥ずかしい1年前ですね・・

雪が降ると必ず思い出すこと。

昔、大雪が降った後

友達と通りを歩きながら喧嘩になった。

友達がガーーーとすさまじくキレて

「ふざけんな!!」って思いきり電柱を蹴った

・・・その迫力に一瞬シーン。。。

と、直後

電柱に積もってた雪が本人にドサッ。

雪だるまになってボーゼンとする友達。。。

蹴った→落ちた、の絶妙なテンポ。

ドリフか!と、

喧嘩を忘れて大爆笑。

いつも絶妙なタイミングで笑いの神を降ろす

ある意味偉大な愛すべき友に、

雪の街を歩くといつも思い出して一人で笑っちゃうんだよね〜と

久々に言ったら実は自分も同じだと言ってくれた。

ちきしょ〜ニクイじゃないか(涙)。

この友達とは掴み合いの喧嘩もしたけど、

身長差20cm・・・私の体は宙を浮き、

上半身ビーバップなみにキメたつもりの足元は地面を泳ぐヒヨコのおもちゃでした。

|

2006年10月14日 (土)

PapaCapsule

Jm8c6978_1

胸懐の汐香が誘     白兎追いしの海

・・・

・・・

明日から、TOKATU InternationalFilmFestival招待作品上映で

出演作「PapaCapsule」が初お披露目になるそうです。

一人でも多くの方に観ていただけるのは

うれしく思います。

もうじき生まれてくる子供のために

自分の紹介ビデオをとってほしい、

そういって十年ぶりにエリカの前に

幼なじみのマサが現れるところから始まる物語。

マサはビデオに何の想いを託し何処へ行こうとするのか?

それを引き受けたエリカの心の中に蘇る、

なくしてしまった大切な遠い日の思い出とは・・・。

明日から観てくださるかたに遠くから感謝します。

・・・

モデルとなった藤沢フィルムコミッションの方々。

江ノ島など青い海と潮風の中を、

地域の方たちと明るく元気に挨拶を交わしながら

颯爽と生き生きと歩きまわっている姿。。。

水面で跳ねる白兎波のよう、

きらきらと元気で清清しい姿。。。

このような素敵な人々が映画になって嬉しい。

久々に海岸沿いに出た瞬間、

潮風が、故郷でもないのに胸懐の匂い、、。

何ゆえとなく懐かしい思いで

ふいのむせび泣きに思わず口を押さえる。

偲びの琴音をふるわせる汐香を

目一杯吸って飲み込んで胸に溶かして

新たな今(現実)に戻る。

・・・PapaCapsuleの中に

こんなふうな何らかの’匂い’が

やさしく痛くせつなく吹き通っているのかもしれない。

そしてそれが

観てくださる方々に何かを運ぶ風だと

嬉しいかもしれない。

 

Jm8c6921_2

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・

・・

触れる機械がよく故障するメカキラー所以、ご無沙汰しております。

画像が綺麗!!という理由で、

番号変更登録面倒くさいよ苦情ニモ負ケズ

新規購入した携帯の、

肝心のカメラ機能が

買った直後に壊れてしまい

それからビデオデッキ(...ビデオ)もコンポも

携帯の普通機能までもに

ストライキされてしまいました。

昔バイトしてたオフィスでは

触ったパソコンが次から次へと

ピーーピーー鳴り出して

パニックで全部ダンボールに入れ洋服などかぶせて蓋をし

真冬に拾ってきた子猫じゃないんだから

とかツッコんでいただいたものの、

あらゆるところからうっすらぴーぴー鳴ってることが気になってしまうオフィスは

結局一日仕事にならず、、、

気まずいことこの上なく

辞意を固めた一日だった。。。

貧乏なんじゃないかとひそやかれても、

パソコンを買う勇気がない・・・

彼と生きる勇気が出ない・・・

何だか…重いデス。

江ノ島水族館の

小さいくらげがたくさん浮遊する水槽は

宇宙の神秘ーーを実感する感動もんですね

みんなでかじりついて眺めました。

ああいうとき必ず人々にはムツゴロウさんが憑依します

クラゲの群れとムツゴロウさんの群れのひととき、
江の島水族館。。。

ひと夏の善き思い出です。

|

2005年12月23日 (金)

梨田碧先生

~言の葉~

私に命の息吹を吹き込んでくれた小学校6年生。。。

への特別な思い入れによってずっと念願だった

小学校教師という役。

梨田碧先生との出会い。

しっかりはしてるんだけど、恋愛に極端にシャイだったり

天然な先生。

生徒との関係、岩村先生とのやりとりなど

台本がとても面白く出来ていて

わくわくしながらいろいろアイデアを考えていく。

けれど現場に行くと、監督は、私なんぞとは次元の違う面白い頭の中を持つ人。

指示に全て委ね、

誰もがハッピーになれるような傀儡に安心して徹せられる幸せを味わせていただきました。

演出プランがほのぼのするユニークさで、

見る人も純粋な気持ちで楽しめる作品になったのではないかと思う。

そんな、おもちゃ箱のような映画だと思います。

・FC東京国際映画祭キネマ旬報賞受賞「恋3」DVD発売中、7月ネット配信。

Pp1

Dscf1640_1P1010077 Dscf1374_5

|

2005年12月21日 (水)

映画「恋3」

~言の葉~

もうすぐDVD発売「恋3」。

脚本は山崎淳也さん(日本一短い母への手紙、星の金貨など)・

もりはたさわさん、

監督は加藤肇さん、

主演はかわいい小学生の子供たち、

そして、わたくし松田珠里は梨田碧先生役。

ちょっとませてるけど不器用な小学生の子供たちの

恋や友情のあれこれを

ユーモアいっぱいに描いたこの作品。

心温まります。

子供の頃には、星の王子さまが言った

「目に見えない本当に大切なこと」が人間関係に存在してる、

言葉では表現しにくい

宝物のような独特の世界・感性が

あったと思う。

それは、大人になっても、

ジャングルジムやブランコなどを見ると、

心の片隅から何ともいえない気持ちとなってよみがえってきて、

子供の頃にしか見えない宝物があったことを

思い出させてくれる・・・

そしてもう一つ、

傷つくことを恐れずに

真っ直ぐに想いを伝える勇気と、

傷ついても

傍には友達がいてまた明るく元気に明日を迎える・・・

松田なりにそんなことをかんじる作品でした。

次回は、先生役、撮影話、を。         

|

その他のカテゴリー

文化・芸術 | 映画・テレビ